nlpプラクティショナーを目指す|セミナーで重要なスキルを学ぼう

男性と女性

国家試験の対策

手

社会福祉士という職業を新潟で目指すときには、身近にある専門学校に通いましょう。そこには看護科や介護福祉科など多数の学科があり、その中に社会福祉科もあります。社会福祉士という職業は、身体の障害によって仕事を辞めざるを得ない状況に陥った人をサポートするもので、今目指している学生が増えていると言われているでしょう。その理由は、見事に社会復帰できた人達の笑顔が仕事のやりがいに繋がるからです。これほど魅力的な職業に就く為には、新潟にて国家試験に合格することが第一条件となります。基本的に、社会福祉科では全日で2年、夜間で3年という期間を経て全ての学科や実習を終えられる授業カリキュラムになっています。貴重な時間を無駄にしない為にも、新潟の専門学校で敷かれている試験対策に積極的に取り組んでいきましょう。

新潟では嬉しいことに夜間の専門学校もあるので、仕事と両立しながら社会福祉士を目指すことも可能です。その為、通っている生徒の年齢幅は広く50代になる生徒がいても珍しくはありません。国家試験は難易度が高いものですが、濃密な試験対策を上手く活用して一発合格を叶える生徒も増えています。それを証明する試験の合格率が80~90%を超える専門学校が多く、多くの生徒から選ばれているでしょう。1年間で6~8回という回数で模擬試験を実施するところもあり、本番に対応する力を養えられるというメリットがついてきます。また、講師と生徒がマンツーマンとなる個別指導も有効的な学習法として、新潟の専門学校で実際に適用されています。